O62028(W2746)

脇指  銘 相州住綱広

古刀 室町時代末期 (天正・文禄頃/1573~95) 相模
刃長 45.6cm 反り 1.5cm 元幅 33.4mm 元厚 6.5mm

特別保存刀剣鑑定書

 メール問い合わせ

クレジット分割払い計算

剣形:平造、三ツ棟、控えめの重ね。寸のびて元先の身幅広く反り高くついてふくら張る威風堂々たる姿で茎にも反りがあり、総体弓形となる独特の体躯をしている。(刀身拡大写真
鍛肌:地鉄やや黒く沈み、小板目状に詰んだ地鉄は大板目に杢を交じえて鮮明な地景顕れ渦巻き状になる。
刃文:刃区やや短い焼きだしにはじまり、沸本位の湾れに互の目、丁子風の刃は小足を伴って小模様に乱れて変化があり複雑に乱れる。刃中は匂い口沈みごころとなり棟焼きを交える。
帽子:乱れのまま火炎風に掃きかけて中丸となり返りが深い。
茎:生ぶ、舟底形で反りがある。目釘孔一個。先浅い栗尻、切鑢。棟小肉ついて勝手下がりの鑢目がある。目釘孔下に、やや詰まりごころの『相州住綱廣』の五字銘がある。
 室町時代の相州鎌倉鍛冶のなかで、沸と地景を特徴とする相州伝を継承し、南北朝時代の広光・秋広に肉迫する佳作を残しているのが綱広である。山村家文書によると初代綱広は広正の子孫であり、北条氏綱の招聘により鎌倉から小田原に移住し、「綱」の一字を賜って「綱広」と改銘したと伝えられている。通説では初代を天文頃とされ、以降は天正頃の二代、さらに文禄・慶長頃の三代と続き、以降新刀期には寛永頃の四代『山村勘右衛門』さらには万治・寛文頃の伊勢大掾綱広と続く。一説には五代・伊勢大掾綱広は中曽祢虎徹の師匠ともいわれている。以降その名跡は大正時代の十六代まで及んだ。
 表題の作は天正・文禄頃の三代目綱広の作。名を『山村宗右衛門尉』と称し、鎌倉扇ヶ谷に住した。天正18年(1590)豊臣秀吉が天下統一の仕上げの小田原征伐以降はその活動を制約されることとなり、陸奥国津軽藩主、津軽為信の招聘で慶長九年に弘前に赴き、同十一年まで駐槌して三百余刀を鍛えている。遺作には「津軽主為信相州綱広 慶長十乙巳八月吉日 三百腰之内」「津軽主為信相州綱広呼下作之 慶長十乙巳八月吉日」などが現存している。寛永十五年二月二十七日歿、行年九十一。
 この作品は宗右衛門尉綱広の秀逸な技倆に感服する一口である。地刃ともに頗る健全で、実戦に主眼を於いた添差しの迫力ある出来映えを明示している。寸がのびて反りを深く付け元先の身幅広く、重ねを控えた剣形は、所謂素早い抜刀裁断に適した造り込み。硬軟の鉄を鍛えた杢目交じりの大板目の地鉄は鮮明な地景による渦巻き肌が表れて迫力があり、刃文は裁断に適した匂い口やや沈んだ湾れに互の目交じり、打ち合いに備えての棟焼きがあるなど強靱な焼刃の構成は実利を重視したもので凄味がある。茎の刃方が張る所詮、舟底風となる形状は武州下原派、駿河の島田派、伊勢の千子派に影響を与えた。
時代二重はばき(上貝赤銅・下貝素銅金渡金)、白鞘入り。
参考文献:本閒順治・佐藤貫一『日本刀大鑑 古刀篇一』大塚巧藝社 昭和四十三年