A60511(T5522)

短刀 無銘 兼法 附)黒漆金蟲喰変塗鞘小さ刀拵

古刀 室町時代末期(永禄頃/1558~)美濃
刃長 28.3cm 反りなし 元幅 26.5mm 元重ね 8.5mm

保存刀剣鑑定書

附)黒漆金蟲喰変塗鞘小さ刀拵

10回まで無金利分割払い(60回まで)

剣形:平造り、庵棟。重ね頗る厚く、身幅広めに寸のびた無反りの短刀。ふくらが張り、先の重ねも厚い、所謂鎧通しと呼ばれる強固な造り込みをして手持ちどっしりと重い。(刀身拡大写真
鍛肌:地鉄青黒く板目肌に杢交え刃寄り柾流れて総体に肌立ちごころ。
彫物:表には魔除けとされる格子状の『九字(くじ)紋』(ドーマン図像/注)に護摩箸の彫物。裏には棒樋に薙刀添樋の彫物がある。
刃文:刃区ごく短く焼落としごころとなり、小沸出来の大互の目は箱がかって表裏の刃文がよく揃う。刃中に太い沸足入り、刃縁に良質の小沸が厚く微塵に積もり、砂流しかかり、刃中の沸・匂充満して明るく冴える。
帽子:乱れ込んで湾れ、先中丸に『地蔵帽子』、棟の返りが深い。
茎:生ぶ、無銘。目釘孔弐個。刃上がりの浅い栗尻。檜垣の鑢目、棟小肉付き大筋違の鑢目。
 兼法は赤坂千手院系の出自とされ、『奈良派』に属する室町期の刀工である。鍛刀地は宇留間(現在の各務ヶ原市鵜沼)と関の双方で駐鎚したようである。『日本刀銘鑑』によると明応八年紀(1499)の太刀が最も古く、事実上の初代とみることができよう。
 現存刀年紀作には天文十二年紀(1543)の打刀がある。刃文については明応年紀は直刃で、天文年紀は互の目乱れを焼いており、以降文禄四年(1595)の百年の間に少なくとも五名の兼法が識別されており、鍛刀地を刻している作刀は『濃州関住』もしくは『関住』とある。
天文頃(1532~)の兼法一門は各地に積極的に出向していたようである。そのために美濃国の『兼法』の名跡は天正頃(~1591)までに終末となったようで、新刀期には本国美濃に『兼法』の名は見当たらない。
 大永頃(1521~)の兼法の子、或いは門人は天文の頃(1532~)に宇留間から越前の一乗谷に移住して『越前一乗住兼法作 天文十年八月日』と鏨をはこび、以降天文十二年紀までの作刀がある。
 同じく天文頃(1532~)には遠江国浜松に移住した兼法の一族や、天正頃(1573~91)になると信州伊那、遠江駿河に移住して兼法の名跡を継いでいる。なかでも駿府に移住した兼法は家康の信頼厚く、鍛冶頭に任命されたので、一時駿府で鍛刀していた康継、南紀重国や繁慶も兼法の支配下にあったものとおもわれる。
現存する『兼法』の多くが天文~天正頃(1532~91)にかけての兼法で短刀は身幅広めに、寸延びたものが多い。短刀の焼刃には直刃も多いが、本作のように表裏よく揃った互の目に箱刃を焼き、帽子は乱れ込んで地蔵風となるものがある。鑢目については、本造りの刀や脇差は鷹の羽で平造りの短刀は檜垣鑢である。

附)黒漆金蟲喰変塗鞘小さ刀拵拵全体画像刀装具拡大画像
  • 縁頭:松葉水玉文図、赤銅磨地金銀色絵、無銘
  • 目貫:葵紋笠目貫、赤銅容彫魚子地、金色絵
  • 笄:張果老図、山銅磨地、鋤彫、色絵、無銘
  • 小柄:馬具図、山銅魚子地、高彫、色絵 銘 橋本主水佑信益作
  • 栗形・裏瓦:流水水玉文図、赤銅磨地毛彫、玉象嵌
  • 鐔:無文、赤銅磨地、無銘
  • 柄:黒漆塗鮫着、金茶色常組糸捻巻
時代銅はばき、白鞘付属。時代研ぎのため、処々に僅かな小錆、轢跡があります。
注)セーマン・ドーマンは陰陽道に由来する魔除で志摩の海女さんの間で魔除けとして使われている他、全国各地で広く魔除けとして使われているようである。星形のセーマンは安倍晴明、格子九字紋のドーマンは蘆屋道満の名に由来するともいわれる。
参考文献:
  1. 鈴木卓夫・杉浦良幸『室町期美濃刀工の研究』里文出版、平成十八年
  2. 得能一男『美濃刀大鑑』大塚工藝社、昭和五十年
  3. 本間薫山・石井昌國『日本刀銘鑑』雄山閣、昭和五十年