A37364(S5090)

刀 無銘 美濃千手院

古刀 室町時代初期 (応永頃/1394~) 美濃
刃長 72.1cm 反り 2.8cm 元幅 29.1cm 先幅 18.6mm 重ね 8.5mm

保存刀剣鑑定書

剣形:鎬造り、庵棟、無銘。腰に踏ん張りつき腰反りが深くついて先反りごころの太刀姿。鎬筋高く重ね厚く元先の幅差がさまに開かず中峰延びごころ。(刀身拡大写真
鍛肌:板目肌流れて柾目肌が目立ち、やや粗めの地沸が湯走状について地景入り地映りがたつ。
刃紋:小沸出来の小互の目・丁子刃・尖り刃を交えて高低変化があり一分は飛び焼きとなる。刃中に互の目の沸足かかり、葉浮かぶなど小沸の豊かな働きがある。
帽子:焼き高く乱れこんで焼詰ごころに中丸となる。
茎:生ぶ無銘。目釘穴二個、茎尻は刃上がり栗尻張る。鷹の羽鑢目。棟小肉ついて切の鑢目がある。
 赤坂の地は美濃国の西部、畿内と東海道・東山道諸国を結ぶ交通・軍事上の要地である「不破関」(関ヶ原町)に隣接する宿場町として古くより栄えた。東大寺の荘園・大井荘の近くでもあり荘官として寺領を守護していた武士の需により、大和国千手院重弘の子『泉水』が鎌倉時代中期頃、美濃国赤坂(現・大垣市)に移ったことに始まるとされている(注)。鎌倉時代の美濃千手院派の作刀に関する現存資料はほとんどなく、現存するものでは南北朝時代『国長 応安元年』(1358)の短刀が最も古く、同銘が数代続き、『光山押形』には『濃州住藤原国行 応安七年甲寅八月日』が観られ、以降の室町時代を通じて『正国』、『弘長』、『重長』、『道永』、『道印』、『康道』らの作刀が現存し、室町時代を通じて繁栄している。
 南北朝時代の作風は『国長』のごとく大乱れになるものがあり、沸強く粗めの地沸ついて地景を交えるものがある。室町時代の同派の作風は直刃や直刃に小互の目・尖り刃を交えて地は白けるものが多くなるようである。
 表題の刀は今回の審査で美濃千手院の作と鑑された。反りの深い太刀姿を留める健全な体躯が印象的。鎬筋が高く柾目の鍛肌が顕著で小模様の互の目に丁子・尖刃を交えた闊達な焼刃は高低変化があり、刃縁にはやや強めの沸が絡んで平肉を湛えた地に射し込み、処々跳び焼きを交え、地沸が厚くついて湯走り状の地映りが観られる。また帽子の焼刃は強く乱れ込んで焼詰風になるなど大和色が看取でき地刃の野趣に富んだ沸匂の働きが楽しめる上出来の太刀である。
銀着せ二重はばき、白鞘入り
参考資料:
鈴木卓夫・杉浦良幸『室町期 美濃刀工の研究』平成十八年

(注)『観智院本銘尽』より